韓国釜山にて茶会 チャノユガスキダカラー!

韓国 釜山にて茶会を開催してきました。

場所は韓国でも有数の観光地海雲台正面にある

釜山随一のフランス料理店兼ギャラリー

MERCIEL Bis 

https://www.facebook.com/mercielbis?fref=ts

テラスからの眺め!

f:id:hynm_matsumura:20140809141141j:plain

 

展示会のタイトルは

"T3" --KOREA, JAPAN, CHINA- Tea Room Installation--

今後、東アジアにてオリンピックも続き、文化的交流が益々盛んになるであろう

日中韓」の共通の文化言語である 「茶」を現代美術的視点から提示する

意欲的な企画。

f:id:hynm_matsumura:20140808131225j:plain

 その日本ブースにて 茶会担当のご指名を受けました。

日本からの参加作家さんは

金理有
篠崎裕美子
杉本ひとみ
田中雅文
宮岡貴泉
牟田陽日
横山玄太郎
吉村茉莉
和田山真央

と匆々たる方々。

f:id:hynm_matsumura:20140808131237j:plain

 

f:id:hynm_matsumura:20140808131313j:plain

設置された茶室もまた大変独創的。

 

「海雲亭」という銘で

使用されているポリカーボネートという汎用的な素材が本来の茶室の素材の

概念に親和性があるのと

まるで霧の中にいるようにふわふわとした視界

そしてこの会期が終わったら雲散霧消してしまうことから。

f:id:hynm_matsumura:20140808131153j:plain

韓国の作家さんのブースや中国ブースもとても素敵でした。

f:id:hynm_matsumura:20140808131659j:plain

点前道具は金理有さんの道具を中心に茶の湯の歴史も踏まえ

台子を使用しました。

f:id:hynm_matsumura:20140813215459j:plain

茶碗は中国や韓国の作家さんを織り交ぜ、

お菓子はwagashiasobiさんのドライフルーツの羊羹をお出ししました。

f:id:hynm_matsumura:20140813215615j:plain

本当に大勢のお客さまに御越し頂き、茶の湯の歴史や和敬清寂といった概念

日中韓茶の湯の共通点、また相違点などもお客様交えて沢山お話ができました。

f:id:hynm_matsumura:20140813215757j:plain

茶花は朝 ギャラリーまでの散歩道で見つけた

f:id:hynm_matsumura:20140813215913j:plain

木槿(ムグンファ) 韓国の国花でもあります。

金さんの作品になんだか合いました。

二日間の茶会を終え スタッフ達と打ち上げの一服

f:id:hynm_matsumura:20140813220318j:plain

f:id:hynm_matsumura:20140813220338j:plain

そして勿論美味しい韓国料理も!

f:id:hynm_matsumura:20140813220422j:plain

場所も食事もロケーションも最高で

なんてったって素敵な人々との出合い 交流が

満載の韓国茶会でした!

今回お目にかかれた お客様 韓国のスタッフの方々 金さん KHさん

お世話になりました!

また伺いたいですー

そして釜山の夜は続く。。

f:id:hynm_matsumura:20140813220711j:plain